そもそも窓って・・・

家を建てる・リフォームする・増改築するといったとき、どんな窓を使用したらいいのかそもそもどんな窓があるのか単語単語で言われてもわからないことだらけ・・・というのを目にします。

ここでは、窓屋さんだからこそわかる窓の事をお伝えしようと思います!これからお家を建てる方・リフォームをお考えの方、必見です。
窓の種類 窓の役割 ガラスの種類  網戸の種類

窓の種類について ※矢印は開閉の方法を表しています

1   引き違い窓
真ん中に鍵がついており、左右の窓をスライドさせて開閉する。

2片引き窓・両袖片引き窓
片側または両側の窓のみをスライドさせて開閉する。

3上げ下げ窓
窓を上下にスライドさせて開閉する。

4内倒し窓
室内側に倒して開ける。

5外倒し窓
室外側に倒して開ける。

6縦すべり窓
室外側に押し出して開閉する。

7すべり出し窓
窓の下側を室外側に押し出して開閉する。

8高所用窓
高所用の窓で、下から操作ひも(ボールチェーン)等で開閉する。

9ガラスルーバー窓
複数のガラスのルーバーが回転して開閉する。

10出窓
室外側に張り出した窓。

11 FIX窓
開閉のできない窓、採光が主な目的の窓。

窓の役割について

主な役割について、採光・眺望・通風・防音・防犯がある。

採光・・・窓から光を取り入れる

眺望・・・窓からの景色を楽しむ

通風・・・窓から風を取り入れる

防音・・・外からの音を防ぐ

防犯・・・外からの視線を遮る

お部屋別窓のおすすめ

寝室:防犯対策にシャッター付き引き違い、開口を大きく光や風を取り入れる縦すべり出し窓

リビング:眺望重視でワイドスライディング窓

階段:暗くなりがちな場所も1つ入れるだけで明かりを取るFIX窓

浴室・洗面台:湿気をためないために換気できるすべり出し窓

ガラスの種類

ガラス」と一言でいってもたくさんの種類があり、進化を遂げているのはご存知でしょうか?

ココではお家の基本中の基本、たくさん役割を持つ窓ガラスについて詳しく見ていきましょう。

1 単板ガラス
昔から親しまれてきた「一枚ガラス」のことです。厚みは3~6.8㎜とその用途によって多岐にわたります。古い住宅では、まだこのガラスの使用が多く見られ、夏暑く冬寒い住宅になりがちです。

2 複層ガラス
一戸建て住宅で主流になっているガラス。ガラスとガラスの間に空気層が挟んであります。

3 low-Eペアガラス
ガラスの構造は複層ガラスと変わりませんが、ガラスに特殊金属膜をコーティングしており、断熱効果が高いとされています。現在建築されている住宅のほとんどがこのガラスが採用されています。

4 防犯ガラス
複層ガラスの間に防犯性を高める特殊中間膜が入っているもの。この膜が間にあることでガラスがより割れにくくなり、ガラスを割る時間がかかってしまうという効果があります。ガラスを割るのに時間がかかることで泥棒が逃げてしまうと言われています。

5 透明ガラス
ごく一般的に使用されているガラス。何にも遮られることなく外の景色を見ることのできるガラスです。

6 型ガラス
表面に凸凹した模様のあるガラス。お風呂やキッチンなど外からのプライバシーを守るときに使用されるガラスです。

7 網入りガラス
主に防火地域と定められたところで使用される網状の鉄線が入ったガラス。火災発生時に、ガラスが割れて飛び散るのを防ぐために鉄線が入っています。

網戸の種類

網戸を取り付けることで、自然換気を行うだけでなく小さな虫を防ぐことができ「蚊帳」が網戸の原型だといわれるほどとても歴史のあるものなのです。

「グレーネット」・・・網戸の存在が視覚的にはっきりとわかる色になっている

「ブラックネット」・・・眺望性がよく、光を吸収しやすい

「クリアネット」・・・従来のブラックネットより網目が細かく、虫を遮ることが得意で、風の通りもよいのが特徴です。